​協会紹介

​埼玉ソーシャルフットボール協会について。

ごあいさつ

 埼玉カンピオーネは精神障がいのあるメンバーとスタッフがフットサル、スポーツを通し、楽しく笑顔での社会活動です。

 参加者は市民として自主的・自立的に1人1人ができる役割を担い、1人が皆のために皆は1人のために、WINWINのフットサルを通した協働活動です。

 活動では参加者の人生の夢に向け、民主的なパートナーシップで笑顔で議論し、交流し、仲間作り・趣味・余暇・競技性等を関係団体との協働で、環境改善も目指します。貴方も選手や役員、サポータとして是非参加ください。

SSFA|埼玉ソーシャルフットボール協会

​    会長     遠藤哲一郎

​協会概要

 私たちは、精神障がい者フットサルの振興を通して、精神障がい者の健康の増進、生活の質の向上、社会参加の促進を目指すために発足した任意団体です。
 構成メンバーは、埼玉県内の精神保健医療福祉に関わる機関・団体の職員や精神障がい者、フットサル指導者や地域の様々な方々(ボランティア・サポーター等)です。2008年から活動を始めました。

活動内容

ソーシャルフットボール埼玉県リーグの開催

年間リーグ戦「Sリーグ」を開催します。

日本一を目指す「埼玉CAMPIONE」のチーム運営

全国大会NO.1を目指し、Sリーグで活躍する選手で構成するチームを運営します。

各地区の大会運営協力

地区活動の運営協力をしています。

各チームの運営協力

各チームの紹介や活動の発信を応援します。

​活動報告

 

年度別の活動報告(直近3年間)はPDFをご覧ください。

ニュースレター特別号 (2018)メール用.jpg
2019特別号
ニュースレター2019.jpg
2019年度
ニュースレター2018|埼玉カンピオーネ .png
2018年度
ニュースレター2017|埼玉カンピオーネ .png
2017年度

※ニュースレターの掲載について、ご意見等がございましたらご連絡ください。

ご連絡先
お問い合わせページのフォームをお使いください。
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter
200_40_banner_white.jpg

© 2023 著作権表示の例 -Wix.comで作成されたホームページです。